トップ 訪問介護NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

訪問介護NAVI訪問介護と訪問看護 > 訪問介護と訪問看護の一括ステーション

訪問介護と訪問看護の一括ステーション

訪問介護と訪問看護の一括ステーションの画像

本来、訪問介護と訪問看護は別の資格取得者が従事するもので、要介護者の支援の役割も違っているので、所属している事業所は別となっていることが多くなっています。

訪問介護員は、訪問介護専門の事業所や、介護福祉施設などに所属していることが多く、訪問看護を行う看護師などは普段は医療機関で勤務しているなどといった様子になりますので、普段は接点がないように感じるかもしれません。

ですが、訪問介護計画書では、要介護者の状態に合わせて、訪問介護と訪問看護の両方を必要とするケースがあり、お互いの事業者や医療機関、それぞれの資格保有者などが連絡を取り合い、協力して1人の要介護者の支援に当たるという場面も見られます。

そのため、少しずつではありますが、訪問介護と訪問看護のステーションを1ヶ所の場所に設けて、体制を整える一括ステーションとしているところも見られるようになってきました。

一括ステーションであっても、訪問介護の役割と訪問看護の役割はそれぞれ区別されているというところについては従来と変わりはありません。

ですが、同じ敷地内に訪問介護と訪問看護の施設が配置されていることによって、連携してより良い要介護者の支援をすることができ、お互いの従事者とチームを組み、結束力も強いものとなることが期待できます。

また、訪問介護と訪問看護を担当するステーションが一括しているということで、要介護者の体調の変化などの報告などにも抜かりがなくなることが期待でき、訪問介護や訪問看護がスムーズとなることとなり、利用する人にとっても良いこととなります。

訪問看護を行うためには、かかりつけの医師などの指示が必要であることが条件となっているので、訪問介護と訪問看護の一括ステーションは、医療機関などが運営していることが多くなっています。

訪問介護と訪問看護の一括ステーションが見られる地域はまだまだ限られているかもしれませんが、メリットがあり、これから広まっていくことが予想できます。

スポンサードリンク

訪問介護NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 訪問介護の基礎知識

訪問介護は、2000年に施行されることになった介護保険法を基本として行われる、比較的新しいサービスです。 日本では少子高齢化が社会問題となり、実際に介護の手が必要になっても介護を担うことができる人が少ないという問題を改善するために取り入れられることになりました。 訪問介護を必要としているのは、介護認定を受けた要介護者である本人はもちろん、その人を支えている家族、支援が必要だと考えられる人たちです。 介護福祉士や訪問介護員などの資格を持っている人たちが、訪問介護を必要としてい

訪問介護NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。