トップ 訪問介護NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

訪問介護NAVI訪問介護と訪問看護 > 訪問介護と訪問看護の従事者の違い

訪問介護と訪問看護の従事者の違い

訪問介護と訪問看護の従事者の違いの画像

訪問介護を主に行っているのは、訪問介護員や介護福祉士の資格を有している人たちで、介護についての知識を持っているのはもちろんのことですが、食事や排泄の介助や家事などの日常生活の支援といったことに関して専門的な知識を持っている人たちとなります。

それに対して、訪問看護を行うことができる人は、看護師を代表として、それ以外にも、保健師や助産師、また言語聴覚師、理学療法士、作業療法士など、医療のサポートを行うことができるような資格を持っている人たちとなります。

訪問介護では訪問介護員や介護福祉士などの介護に関する資格が必要であるのと同様、訪問看護でも医療系の有資格者であるということになります。

介護に関連することについては、要介護者だけではなく、それを支えている家族の人たちも疑問に思ったり、不安に思ったりすることが多いと思われます。

訪問介護においても、訪問看護においても、このような疑問や不安な部分についてアドバイスをしたり、精神的なケアを行ったりすることができる資格者となっています。

また、車イスや電動ベッドなど、福祉用品を利用したいがどのようにすれば良いかとか、実際にはどのように使用すれば良いかといった使用方法の説明なども、訪問介護員や看護師など、どちらにも相談することができると考えられます。

訪問看護で訪れる看護師などは、必要に応じて、食事や入浴など、療養する上で必要となる介助を行いますが、病状に合わせて注射を行ったり、カテーテルなどの管理をしなければならない患者の処置を行ったり、医師が行う診療以外の医療行為が可能となるのが最も大きな特徴となります。

訪問介護と訪問看護の従事者の違いは、要介護者にとって、行ってもらうことができる介助などの行為の違いとなっています。

それぞれにできる役割が違っているということをよく理解した上で、自分にとって必要なのが訪問介護か訪問看護なのか、また両方であればどのように組み合わせるのかということをよく考えて計画してもらうことが必要です。

スポンサードリンク

訪問介護NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 介護と看護をうまく組み合わせる

要介護者の自宅を訪れて介助を行う方法には、訪問介護のほかにも訪問看護があります。 言葉だけを見ると似ているので、どちらも同じような介助の方法かと思われがちですが、この両者の介助の方法は全く違っているのです。 訪問介護は訪問介護員や介護福祉士などが従事しており、食事や排泄などのサポートや、洗濯や掃除などの家事を行うことが主な内容であり、訪問看護は看護師や保健師などが従事しており、血圧測定やリハビリの介助など、医師に準ずる医療行為を行うことができるという内容になります。 訪問介

訪問介護NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。