トップ 訪問介護NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

訪問介護NAVI訪問介護と訪問看護 > 訪問介護と訪問看護の違い

訪問介護と訪問看護の違い

訪問介護と訪問看護の違いの画像

訪問介護は、要介護者の身の回りの介助や日常生活の家事などの代行などを請け負うことになりますが、
訪問看護は、病気などがあっても病院に出向くことが難しい人のために、看護師などの資格を持った人が自宅を訪れて、診療のサポートや、療養に関わる介助を行うことになります。

訪問看護では、医師のように直接診察を行ったりすることはできませんが、医師からの指示を受けて、それに準ずる医療行為を行うことができます。

たとえば、持病を抱えている人の体調確認、また経過観察などが訪問看護で可能なこととなります。

ほかにも、血圧の測定、退院後などで身体の機能を回復するためのリハビリの介助などが可能で、寝たきりの人には床ずれの改善、酸素吸入器などを使用している人の機器の点検や管理方法の指導なども行うことができます。

訪問看護そのものは、現在のように介護保険制度が整備されるもっと以前から行われていて、寝たきりなどになっていて、病院に診療を受けに行くことができない人、病院に入院していたくてもベッド数不足などの病院側の都合で自宅での看護となっている人に対して行われていました。

訪問介護員が所属しているのは、ケアセンターなどの訪問介護の事業所ですが、訪問看護に携わる人たちは、医療機関などの施設や、訪問看護の事業所など訪問介護員とはまた別の事業所に所属していることになります。

訪問する要介護者が病院にかかっている場合には、そのかかりつけの病院から訪問看護が行われることが多く、かかりつけの病院がない場合や、かかりつけの病院があっても、その病院では訪問看護を行っていない場合などは、訪問看護を専門に行っている事業所から看護師などが派遣されることになります。

訪問介護と比べると、訪問看護はかなり医療行為に近い介助を行うことができるので、その分利用料金も高めに設定されているところが多くなっています。

ですから、訪問介護の範囲で充分な部分と、訪問看護でなければならない部分などの使い分けをきちんと行うことが、両方をうまく利用するコツとなります。

スポンサードリンク

訪問介護NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 訪問介護計画の例

訪問介護計画には、1週間の流れに沿って組み立てられる週間計画と、1ヶ月の見通しとともに立てられる月間計画とがあります。 たとえば、1週間の訪問介護計画では、毎日在宅しているのではなく、週に2回ほどはデイサービスを利用する、また要介護者の生活習慣に合わせて、どの時間帯に訪問介護を取り入れるのかということによって計画します。 また介護認定の段階が低い場合には、リハビリも自宅ではなく、病院や施設などに通ってのリハビリが可能となります。 月間の訪問介護計画では、介護福祉施設への短期

訪問介護NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。