トップ 訪問介護NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

訪問介護NAVI訪問介護と訪問看護 > 介護と看護をうまく組み合わせる

介護と看護をうまく組み合わせる

介護と看護をうまく組み合わせるの画像

要介護者の自宅を訪れて介助を行う方法には、訪問介護のほかにも訪問看護があります。

言葉だけを見ると似ているので、どちらも同じような介助の方法かと思われがちですが、この両者の介助の方法は全く違っているのです。

訪問介護は訪問介護員や介護福祉士などが従事しており、食事や排泄などのサポートや、洗濯や掃除などの家事を行うことが主な内容であり、訪問看護は看護師や保健師などが従事しており、血圧測定やリハビリの介助など、医師に準ずる医療行為を行うことができるという内容になります。

訪問介護を担当しているのは、ケアセンターなどの訪問介護の事業所で、訪問看護を担当しているのは、医療機関であり、要介護者のかかりつけの病院や医師から訪問看護の要請によって訪問の計画が立てられるということになります。

介護を担当する訪問介護員と看護を担当する看護師などとは、その役割が違っていて、医療的な分野を担当していることから、訪問看護のほうが費用は高く設定されていることが一般的です。

そのため、訪問介護と訪問看護は、要介護者にとってどのような介助を重視するのか、必要な介助はどのようなことなのかということを充分に選択して、上手に使い分けをすることがポイントとなります。

また最近では、これまで別々の管轄であった訪問介護と訪問看護のステーションが一括して、提携しながら1人の要介護者を支えることもできるようになっています。

地域によっては、まだ一括ステーションの数はあまり多くはないところもありますが、医療機関などが運営しており、より手厚く介助を行うことができるという面で期待が大きくなっています。

訪問介護や訪問看護は、デイサービスや施設入所とは違って、住み慣れた自宅で過ごしたいと考える要介護者の希望に応えることができる介助の方法となります。

自分でできる身のまわりのことは、自分でこなしながら、自立の可能性も含めて、これからも訪問介護や訪問看護は発展していくことが期待できるものとなっているのです。

スポンサードリンク

訪問介護NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 生活援助

訪問介護を利用する人が、日常生活に必要な家事を行うことが難しい場合、その家事を代行するのが生活援助と呼ばれるものになります。 毎日の食事作りや、衣類の洗濯、家の中の掃除など、また家の外に出て買物を代わって行うことも生活援助となります。 まず食事作りですが、訪問介護を受けている方への食事作りですから、あまり食欲がない方、食欲があっても、噛む力がない方などいろいろな人がいますので、その人に合った食事作りが求められ、さらに栄養バランスなども考えた献立プランが必要です。 彩り豊富な

訪問介護NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。