トップ 訪問介護NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

訪問介護NAVI訪問介護計画 > 訪問介護計画の例

訪問介護計画の例

訪問介護計画の例の画像

訪問介護計画には、1週間の流れに沿って組み立てられる週間計画と、1ヶ月の見通しとともに立てられる月間計画とがあります。

たとえば、1週間の訪問介護計画では、毎日在宅しているのではなく、週に2回ほどはデイサービスを利用する、また要介護者の生活習慣に合わせて、どの時間帯に訪問介護を取り入れるのかということによって計画します。

また介護認定の段階が低い場合には、リハビリも自宅ではなく、病院や施設などに通ってのリハビリが可能となります。

月間の訪問介護計画では、介護福祉施設への短期入所予定や、必要な車イスや介護用ベッドなどの貸出申請なども含めた計画となっています。

訪問介護の計画では、定期的に入浴を行う計画があれば、そのために必要な入浴の設備を準備したり、訪問介護員の増員なども考慮したりする必要がありますので、あらかじめ1週間に1度や2週間に1度といったサイクルで計画が立てられていることが多いようです。

さらに在宅でリハビリを行うことが必要な要介護者の場合は、どのようなリハビリをどの程度行うのか、それが訪問介護員だけで可能なリハビリなのかということに合わせて計画を立てることが求められます。

リハビリでは必要であれば、訪問看護師と協力して要介護者の支援に当たることが適切である場合もあります。

介護認定の段階が低いか、介護認定の段階が多少は高くても介護福祉施設を定期的に利用することができる場合は、訪問介護を利用する回数もわりと少なめで、その間隔も頻繁ではないということが多くなります。

ですが、介護認定の段階が高くて、普段の身のまわりのことがあまりできないという場合はもちろん、寝たきりであまり外出することも難しいなどといった場合などは、訪問介護の比重が高くなることになります。

この場合は、毎日定期的に訪問介護の計画が盛り込まれることになりますが、その頻度も午前と午後といったように頻繁になり、介助が必要なことが多ければ、訪問介護の時間も長いものとなってきます。

スポンサードリンク

訪問介護NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 訪問介護計画書は訪問介護の基本

介護保険の制度に沿って訪問介護のサービスを受けるためには、まずは介護認定の申請をして、要介護者であるという認定がされた後、訪問介護を行っている事業所などに依頼して、訪問介護計画書を作成してもらう必要があります。 実際に訪問介護が行われるときには、この訪問介護計画書を基本として行われることになりますので、訪問介護サービスを受けるためには、とても重要な書類であるということがわかると思われます。 ケアマネージャーと呼ばれる介護支援専門員が、要介護者の自宅を訪れて調査を行い、その人

訪問介護NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。