トップ 訪問介護NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

訪問介護NAVI訪問介護計画 > 訪問介護計画書の作成から実施まで

訪問介護計画書の作成から実施まで

訪問介護計画書の作成から実施までの画像

訪問介護計画書は、ケアマネージャーが作成したケアプランを参考にして、改めて要介護者についての状態を把握するところから始まります。

まずは、要介護者の身体の現状を確認し、これまでの病歴や現在の通院状況などの情報を収集します。

また、身の回りのことがどのくらいできるのか、日常生活で可能な家事などは、病気の重さとは比例しないことがあるので、チェックしておくことが大切なことになります。

これらの事柄をまとめて、どのように訪問介護を進めていくかという計画を決めていくことになりますが、ここで重要なのは、必要な介助のみを行い、自立できる部分は要介護者を尊重して行うということです。

もちろん、訪問介護計画書を作成する際、事業所や訪問介護員などの実態把握や聞き取り調査などだけではなく、要介護者やその家族からの希望なども盛り込まれたものである必要がありますので、訪問介護についての希望がある場合には、それをきちんと伝えることが重要です。

要介護者それぞれに違う特徴もありますので、気をつけなければならない注意事項についてもこの計画書に盛り込んでおきます。

訪問介護計画書が完成すれば、要介護者やその家族なども確認して納得した上で、これに沿って訪問介護員が要介護者宅を訪れるサービスが計画的に行われることになります。

訪問介護員が実際に要介護者と接するようになれば、小さな体調の変化などにも気がつく機会が多くなりますので、その報告は事業所の責任者や地域のケアマネージャーなどに行き渡ります。

訪問介護のサービスがさらに要介護者に合ったものとなるためにも、この報告は大切なものとなり、必要に応じて計画書の見直しも行われることになります。

ケアマネージャーが定期的に訪問して要介護者の状態を確認したり、解決したい問題が新たに浮上したときには、それを計画書に付け足したりすることになります。

この訪問介護計画書の存在があることによって、訪問介護のサービスがスムーズに進んでいくだけではなく、要介護者の環境が開かれたものになっていくのです。

スポンサードリンク

訪問介護NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 訪問介護事業の実態

介護保険制度が開始された当初は、まだまだどのように介護保険の制度を利用すれば良いかわからないという人が多かったのですが、徐々に介護保険制度について認知度が高まっていくと、介護施設をうまく利用したり、訪問介護を定期的に取り入れたりして、介護保険制度を上手に生活の中に取り込んでいける人が増えてきました。 特に住み慣れた自宅にいながら受けることができる訪問介護サービスは、幾つかある介護のサービスの中でも特に人気となっています。 訪問介護を利用する人口は、この10年間で飛躍的に増加

訪問介護NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。