トップ 訪問介護NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

訪問介護NAVI訪問介護計画 > 訪問介護計画書は訪問介護の基本

訪問介護計画書は訪問介護の基本

訪問介護計画書は訪問介護の基本の画像

介護保険の制度に沿って訪問介護のサービスを受けるためには、まずは介護認定の申請をして、要介護者であるという認定がされた後、訪問介護を行っている事業所などに依頼して、訪問介護計画書を作成してもらう必要があります。

実際に訪問介護が行われるときには、この訪問介護計画書を基本として行われることになりますので、訪問介護サービスを受けるためには、とても重要な書類であるということがわかると思われます。

ケアマネージャーと呼ばれる介護支援専門員が、要介護者の自宅を訪れて調査を行い、その人に合ったケアプランを作成します。

訪問介護計画書を作成するのは、訪問介護のサービスを提供する事業所であり、ケアプランを参考にして、さらに詳細な訪問介護計画書を準備するのです。

訪問介護計画書を作成するのは、介護保険の制度や介護認定の段階に合わせた的確なサービスを要介護者が受けられるようにするためです。

また、現在どのような身体状態であり、どの程度の家事を行うことができるのかということによって、訪問介護においての対応は要介護者ごとに違ってくると思われます。

ただ単に介護認定だけで訪問介護先での活動内容を決めてしまうのではなく、個人差も考慮しながら、適切な介助をしてくために、訪問介護計画書はあるのです。

この計画書は、訪問介護を行う契約を、事業所と介護者との間で結ぶ際に、必要な書類でもあるのです。

さらに訪問介護では、介護者が自身でできる範囲のことまでは介入せずに、必要な介助を行いながら、少しずつでも自立することができる役割も持っています。

そのため、家事の中でも食事や排泄などといった部門ごとに分けて訪問介護計画は考えられ、どのようなことに注意しながら訪問介護サービスを行っていくことが良いのかということが、細かく記されているのです。

訪問介護計画書は一度作成すればそれで良いというものではなく、週間計画や月間計画など定期的な計画も組まれ、介護者の体調の変化に合わせて見直しも柔軟に行われるものとなっています。

スポンサードリンク

訪問介護NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 訪問介護計画書の作成から実施まで

訪問介護計画書は、ケアマネージャーが作成したケアプランを参考にして、改めて要介護者についての状態を把握するところから始まります。 まずは、要介護者の身体の現状を確認し、これまでの病歴や現在の通院状況などの情報を収集します。 また、身の回りのことがどのくらいできるのか、日常生活で可能な家事などは、病気の重さとは比例しないことがあるので、チェックしておくことが大切なことになります。 これらの事柄をまとめて、どのように訪問介護を進めていくかという計画を決めていくことになりますが、

訪問介護NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。