トップ 訪問介護NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

訪問介護NAVI訪問介護計画 > 介護認定を受けたら訪問介護計画を

介護認定を受けたら訪問介護計画を

介護認定を受けたら訪問介護計画をの画像

訪問介護計画は、実際に訪問介護のサービスを受ける際に必要で、とても大切な計画となりますので、
まずは、介護認定の申請を行い、要介護の認定が下されれば、訪問介護計画作成を依頼しましょう。

ケアマネージャーがまずは要介護者の調査を行って、ケアプランと呼ばれる介護の基本となる計画を作成しますが、さらに詳細な訪問介護計画書を作成し、個人にあった訪問介護計画にしていきます。

訪問介護計画書は、介護認定の段階が考慮されることはもちろんのことですが、それだけではなく、個人の身体の状態や日常生活でどの程度身のまわりのことができるかなどといった現状もよく調べたうえで作られます。

訪問介護計画書は、最初に1度作成されればそれで終わりというものではなく、週間計画や月間計画など、期間を区切った計画書が作成され、さらに要介護者の病状の変化や体調の改善などといったことに合わせて、柔軟に変更がされるものとなっています。

要介護者の全てを介助しなければならないという方針で、訪問介護計画書を作成するのではなく、自分の身の回りのことを自立して行うことができる場合には、それを見守ったり、複雑な動作だけを手助けしたりするといった補助的な役割ができるような計画書であることも大切なこととなります。

訪問介護計画書では、訪問介護の予定だけが盛り込まれるのではなく、デイサービスや入浴、リハビリなどの予定も含まれています。

それらは要介護者の病状や介護認定の段階などが考慮されたものですので、個人の状態に合わせて、デイサービスが週に2~3回あるという人がいれば、訪問でのリハビリが行われる人、早朝や夜間の巡回訪問介護が必要な人まで、それぞれとなります。

訪問介護計画書は、もちろん要介護者がより良く生活することができるようにあるものですが、介護に携わる人たちが適切な介護を行うことができ、さらには要介護者の自立や環境を広げることができるためのものでもあるのです。

スポンサードリンク

訪問介護NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 訪問介護計画書の作成から実施まで

訪問介護計画書は、ケアマネージャーが作成したケアプランを参考にして、改めて要介護者についての状態を把握するところから始まります。 まずは、要介護者の身体の現状を確認し、これまでの病歴や現在の通院状況などの情報を収集します。 また、身の回りのことがどのくらいできるのか、日常生活で可能な家事などは、病気の重さとは比例しないことがあるので、チェックしておくことが大切なことになります。 これらの事柄をまとめて、どのように訪問介護を進めていくかという計画を決めていくことになりますが、

訪問介護NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。