トップ 訪問介護NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

訪問介護NAVI訪問介護の現状 > 介護認定と訪問介護の関係

介護認定と訪問介護の関係

介護認定と訪問介護の関係の画像

介護認定は、介護保険制度をどのように利用していけば良いかという基準になるもので、介護保険制度を利用する上で、介護認定を受けているのかどうかは、とても重要なこととなります。

介護認定は、病気や障害などの状態に比例して決まるものではなく、日常生活をどのくらい1人で行うことができるのか、どの程度の介助を必要とするのかといった状況によって決定されます。

介護認定は、年齢によって認定の条件があり、40歳以上の人はまず加齢が原因となっているガンやアルツハイマーなどの特定疾病があり、半年以上はその状態であると考えられるときには、介護認定を受けることができる場合が多くなります。

さらに65歳以上である場合には、自分の身の回りのことや家事などをこなすことが難しく、介助が必要な場合や、全くそれらのことができないような痴呆症などの場合には、要介護認定を受けられると予想されます。

介護認定は1や5などといった数字で表され、軽い介助で日常生活を送ることができそうな場合には、1や2、それ以上の介助が必要な場合には、段階に応じて5までの数字で判定されることになっています。

介護認定の申請をすれば、全ての人に介護認定がされるわけではなく、介護認定の申請をしても、介護の必要はないと判定された場合には、要介護認定はされません。

介護認定を受けるためには、まず住んでいる地域の介護保険の窓口で申請を行います。

介護認定の基準となる認定調査票に照らし合わせながら、申請者の現在の健康状態や日常生活について調査が行われます。

認定調査票にある項目の質問に答えるだけではなく、見た目だけではわからない身体の状態や、日常生活において特に不便を感じていることなど、積極的に伝えておくことが必要です。

さらにかかりつけの医師から提出された書類を参考にして、2回に分けて慎重に介護認定の判定が下されます。

訪問介護は、この介護認定の段階に合わせたものとなりますので、納得できるまで介護認定の再申請を依頼することも可能なのです。

スポンサードリンク

訪問介護NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 訪問介護が必要な人とは

訪問介護が必要になる人とは、自宅で自分の身の回りのことを充分なレベルで行うことが難しいと判断される人、またそれらの介助をしてほしいと願う人たちであるといえます。 たとえば、日常的な食事の場面や、トイレ、入浴などを自分だけの力で行うことが難しく、だれかの手助けを必要とする場合には、訪問介護が役立つといえます。 また、生活の状態によっては、自分たちで食事の支度や家の掃除、衣類の洗濯などをする必要が生じますが、これらの家事を行うことができない身体的・精神的な状態である場合にも、訪

訪問介護NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。