トップ 訪問介護NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

訪問介護NAVI訪問介護の利用を検討 > 訪問介護員の選択

訪問介護員の選択

訪問介護員の選択の画像

訪問介護員は、以前までは家庭奉仕員と呼ばれることが多かったのですが、現在はホームヘルパーという呼び名でほぼ統一されている印象があります。

現在、訪問介護員として活動するためには、各都道府県で養成研修を受けて、その課程を修了することが必要となっています。

訪問介護員には、1級から3級までの段階があり、それぞれの段階に合わせて訪問先においての活動内容が広がったり、勤務時間を延ばしたりすることができるようになっています。

訪問介護員を受け入れる側の要介護者がいる家庭では、訪問介護員の取得課程と、介護認定のレベルとが釣り合っているものであるのかを、よく検討することが重要だといえます。

訪問介護員として事業所などから介護が必要な家庭に派遣されるのは、訪問介護員の資格を取得している人たちだけではなく、介護福祉士の資格を取得している人であることもあります。

介護福祉士は、訪問介護員からスキルアップした上位資格であり、本格的に訪問介護の仕事を続けていくために、訪問介護員の資格から介護福祉士の資格取得を目指す人たちも増えてきています。

特に重度の障害を抱えているなどといった場合や、介護認定が重い場合などは、より高い介護についての知識や技術を持っている介護福祉士に訪問介護を行ってもらうことが望ましい場合もあると思われます。

実際に訪問介護員の斡旋を行っている事業所に相談に訪れるときには、その事業所ではどのような資格を取得している人が、訪問介護員として活動しているのかという点について、きちんと説明を受けておくと安心です。

また、訪問介護員と、介護される側の要介護者やその家族などでは、それぞれに性格があり、人同士ですから相性もあります。

日常の家事などを代行してもらうこともある訪問介護員ですから、食事の好みや事情などをきちんと話すことができ、心おきなく介護をお願いすることができる人が理想的です。

実際に訪問介護を開始する前に面談などを行う機会があれば、どのような人なのかということをしっかり話して見極めておきたいものです。

スポンサードリンク

訪問介護NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 訪問介護はどのように行われているのか

現在、訪問介護は多くの人に利用されている人気のサービスとなっていますが、訪問介護の最大のメリットは、生活していくために必要な介助を受けながら、自宅で日常生活を送ることができるという点だと思われます。 介護が必要な人でも、病院で入院したり、施設に入所したりする必要がなければ、住み慣れた自宅で過ごすことができるのが理想的で、そのために訪問介護は役立つ存在となっているのです。 また要介護者を支える家族にとっても、訪問介護は実質的な面や精神的な面で大きな助けとなっているのです。 こ

訪問介護NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。