トップ 訪問介護NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

訪問介護NAVI訪問介護の利用を検討 > 身体介護

身体介護

身体介護の画像

訪問介護でできることの中で、身体介護とよばれる種類の介護は、身辺をサポートすることで、日常生活を送ることができるようにするといった内容になります。

基本は介護に関することが中心となりますので、医療や看護など、専門的な知識や資格がなければできないような行為は禁止されていますが、そのような専門的な知識や資格などは必要とはせずに、一般的な介護の範囲内でできる身体的な内容の介助が可能となります。

食事時の介護では、うまく食器類を扱えない場合、お箸やスプーンなどをきちんと握って食事をすることができない場合などの介助を行います。

1人では食事をとることが難しい場合でも、身体介護があることによって、きちんと充分な量の食事をとることができるようになり、必要な栄養分を身体に摂り入れることができるのです。

1日に何度か介護の手を必要とするのは、食事以外にトイレの場面でも見られると思われます。

トイレは単に座って用を足すことの手助けだけではなく、トイレに行くまでの歩行や衣類の脱ぎ着の介助が必要であることもあります。

また、トイレに行きたいという意思表示がうまくできない要介護者の場合には、時々は気を付けてトイレに行きたいかどうかを尋ねることも効果的であるといえます。

排泄に関することは、人の身体にとってとても大切なことですので、身体介護の中でも重要な介護のうちの1つであるのではないでしょうか。

自宅での入浴などの介助も身体介護の範囲に含まれますが、洗髪のみや、身体を拭くといった行為とは違って、全身を入浴する場合の介助はなかなかの重労働になるものとなります。

家族だけでの介護では、入浴はなかなかできないことも多いため、訪問介護の機会に入浴を希望する要介護者や家族はとても多いそうです。

さらに毎日の食材や衣類などを買物するために出かけることも要介護者にとって必要なことであり、その付き添いも身体介護となります。

買物へのお出かけは、外の空気に触れる大切な時間であり、生活に潤いをもたらす機会となるのです。

スポンサードリンク

訪問介護NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 身体介護

訪問介護でできることの中で、身体介護とよばれる種類の介護は、身辺をサポートすることで、日常生活を送ることができるようにするといった内容になります。 基本は介護に関することが中心となりますので、医療や看護など、専門的な知識や資格がなければできないような行為は禁止されていますが、そのような専門的な知識や資格などは必要とはせずに、一般的な介護の範囲内でできる身体的な内容の介助が可能となります。 食事時の介護では、うまく食器類を扱えない場合、お箸やスプーンなどをきちんと握って食事を

訪問介護NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。