トップ 訪問介護NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

訪問介護NAVI訪問介護の利用を検討 > 訪問介護の基礎知識

訪問介護の基礎知識

訪問介護の基礎知識の画像

訪問介護は、2000年に施行されることになった介護保険法を基本として行われる、比較的新しいサービスです。

日本では少子高齢化が社会問題となり、実際に介護の手が必要になっても介護を担うことができる人が少ないという問題を改善するために取り入れられることになりました。

訪問介護を必要としているのは、介護認定を受けた要介護者である本人はもちろん、その人を支えている家族、支援が必要だと考えられる人たちです。

介護福祉士や訪問介護員などの資格を持っている人たちが、訪問介護を必要としている家庭を訪れます。

訪問介護で依頼できることは、日常生活を送るための身の回りに関することとなり、大きくは2つに分けることができます。

食事がうまくとれるように、また上手にトイレで排泄ができるように、入浴で身体を清潔に保つ手伝いや、散歩や買物などで外に出る機会を手助けするなどといったことは、身体介護とよばれるものに当たります。

毎日の食事を食べやすいように考えて作ったり、食材や日用品の買物を代行したり、さらには洗濯や掃除を行って室内を清潔に保ったりすることは、生活援助とよばれるものに当たります。

訪問介護員の資格は各都道府県で養成のための研修を受けて合格することで、段階を上げていくことができ、より難しい介護の仕事をこなすことができるようになります。

さらに訪問介護員から介護福祉士の資格取得を目指してスキルアップを目指す人もいます。

介護に関するより高度な知識や技術を持っていれば、介護認定が重く、難しい介護を必要とする家庭で活躍することができますし、より長い時間、介護の仕事をこなすこともできるようになります。

現在、介護はさらなる高齢化の波にともなって、核家族化の現状もあり、家族だけで抱えることがとても難しい問題になりつつあります。

訪問介護制度の充実は、介護が必要な人たちやその家族にとって、なくてはならない大切な課題となっているのです。

スポンサードリンク

訪問介護NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 介護保険制度とは

訪問介護について考えるとき、介護保険の制度について知っておくことで、訪問介護はより分かりやすい制度となります。 介護保険制度は、日本の法律に基づいて制定された公的な制度ですが、その歴史はまだ10年ほどといったまだまだ新しいものです。 病院で入院したり、施設に入所したりしなければならないという状態ではない高齢者や病気を抱えた人たちは、自宅での日常生活を送ることができますが、生活の一部分や大部分において自分の身の回りのことをこなすことができないということが多いものです。 そのよ

訪問介護NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。